イケメン俳優ローガン・ラーマン、新作で父の愛人を略奪 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月19日 > イケメン俳優ローガン・ラーマン、新作で父の愛人を略奪
メニュー

イケメン俳優ローガン・ラーマン、新作で父の愛人を略奪

2011年4月19日 17:41

新作で父の不倫相手と交際「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」

新作で父の不倫相手と交際
写真:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 若手イケメン俳優のローガン・ラーマン(「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」)が、新作「The Only Living Boy in New York(原題)」に主演することが決定した。

ごう慢な父に愛人がいることを知った青年が、2人の情事を終わらせるため、父の不倫相手と交際。一風変わった隣人のアドバイスを受けながら、愛について学んでいくというストーリーのようだ。米Deadlineによれば、ラーマンは主人公の青年を演じる。

セス・ゴードンが監督、アラン・ローブが脚本を務める。今秋クランクインし、2013年全米公開の予定。

ラーマンは、クリストフ・ワルツオーランド・ブルームミラ・ジョボビッチと共演した新作ロマンチックアドベンチャー「The Three Musketeers(原題)」が、10月に全米公開される。また、エマ・ワトソンと共演の「The Perks of Being a Wallflower(原題)」が、2012年に全米公開予定だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi