ハリウッド期待の美少年ローガン・ラーマンの来日決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月28日 > ハリウッド期待の美少年ローガン・ラーマンの来日決定
メニュー

ハリウッド期待の美少年ローガン・ラーマンの来日決定

2010年1月28日 21:15

ダニエル・ラドクリフに追いつけ、追い越せ!「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」

ダニエル・ラドクリフに追いつけ、追い越せ!
(C)2010 Twentieth Century Fox
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 全米注目のファンタジー大作「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」の主演俳優ローガン・ラーマンと、クリス・コロンバス監督の来日が決定した。2人はともに初来日で、2月22日に行われるジャパンプレミアに出席する。

主演のラーマンは、92年1月19日生まれの18歳。8歳のときに「パトリオット」(00)でメル・ギブソンの息子役を演じて映画デビューし、その後も「ハート・オブ・ウーマン」(00)、「バタフライ・エフェクト」(04)などに出演。最近では名作西部劇「3時10分、決断のとき」(07)でクリスチャン・ベールの息子役を演じ、幼さの残る子役から美少年へと成長を遂げた姿を披露するなど、ルックスと実力を兼ね備えた存在としてハリウッドが期待する若手俳優のひとりだ。「これほどのブロックバスター映画に出演したことはなかったので、誰か僕をうまくだましたんだろう?と思いました。バンクーバーへ行って、スケールの大きなセットを見るまで、正直ピンときませんでした」と出演が決まった際の心境を振り返っている。

同作は、神々の最強の武器「ゼウスの稲妻」を盗んだ疑いをかけられた、神の血を引く少年パーシー・ジャクソン(ラーマン)が、疑惑を晴らし、さらわれた母親を助け出すために奮闘する姿を描くファンタジー。原作小説「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々/盗まれた雷撃」(リック・リオーダン著/ほるぷ出版刊)は、全米で「ニューヨーク・タイムズ」紙児童書部門1位も獲得した人気作。その原作小説を、「ハリー・ポッター」シリーズを立ち上げ、大成功を収めたコロンバス監督が映画化した。「ホーム・アローン」「ミセス・ダウト」など日本でもヒット作の多いコロンバス監督も、映画のキャンペーンでの来日は初めてとなる。

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」は2月26日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi