山本モナ、プロポーズを「待っています」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月28日 > 山本モナ、プロポーズを「待っています」
メニュー

山本モナ、プロポーズを「待っています」

2010年1月28日 19:53

今度は慎重に愛を育んでいる様子「抱擁のかけら」

今度は慎重に愛を育んでいる様子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スペインの奇才ペドロ・アルモドバル監督が、彼のミューズであるペネロペ・クルスを主演に起用して描くラブストーリー「抱擁のかけら」の特別試写会が1月28日、都内で行われ、トークショーに出席したタレントの山本モナが「恋愛は数じゃない。どんな経験をしたのか、質が問題ですね」と自身の恋愛論を語った。

14年前に起こったある事件で視力を失い、最愛の女性(クルス)との思い出を封印して生きる元映画監督(「バッド・エデュケーション」のルイス・オマール)が、事件のナゾを握る男との再会を機に、再び愛と向き合う。山本は「男と女が本音でぶつかり合い、幸せを追求する映画。本物の愛って何だろうと考えたくなる」。本能的に愛を求める登場人物に、「素直になりすぎると何かを失ったり、誰かを傷つけてしまうこともある」と過去のお騒がせを連想させる意味深な発言で盛り上げた。

主演のクルスについては、「30代を迎えて、大人の色気がにじみ出ている。同年代の私にとってはうれしい後押し」とニッコリ。タイトルにちなみ、司会者から「最近、抱擁は?」と質問されると、「もちろん! ギュッとしますし、されてもいます」と現在交際中の一般男性との関係が順調だとノロけてみせた。さらに、「そろそろ結婚したい。プロポーズはまだですが……待っています」とアピールしていた。

抱擁のかけら」は松竹配給で、2月6日から全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi