エマ・ワトソンの新作、「トワイライト」のスタジオが獲得 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月27日 > エマ・ワトソンの新作、「トワイライト」のスタジオが獲得
メニュー

エマ・ワトソンの新作、「トワイライト」のスタジオが獲得

2011年1月27日 11:30

ローガン・ラーマンと共演「ウォールフラワー」

ローガン・ラーマンと共演
写真:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] エマ・ワトソン出演の新作「The Perks of Being a Wallflower」の全米配給権を、サミット・エンタテインメントが獲得したと米Vultureが報じた。

同作は、スティーブン・チョボウスキーの青春小説「ウォールフラワー」の映画化で、チョボウスキー自身が脚本・監督を手がける。同企画は「ハリー・ポッター」卒業後のエマ・ワトソン作品として注目されているものの、ジョン・マルコビッチの制作会社ミスター・マッドがインディペンデント映画として製作するため、配給が未定だった。

配給権を獲得したサミットは、同じくヤングアダルト小説を映画化した「トワイライト」シリーズを大ヒットに導いており、絶好の組み合わせと言える。なお、「ウォールフラワー」は、内気な高校生チャーリーの日常が日記形式でつづられた青春小説で、チャーリー役には「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」のローガン・ラーマンが決定している。ワトソンは、チャーリーが恋心を抱く先輩のサムを演じることになる。

6月にクランクインの予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi