B・シンガー監督「スーパーマン・リターンズ」失敗理由を分析 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月19日 > B・シンガー監督「スーパーマン・リターンズ」失敗理由を分析
メニュー

B・シンガー監督「スーパーマン・リターンズ」失敗理由を分析

2011年4月19日 17:41

失敗の経緯を語る「スーパーマン リターンズ」

失敗の経緯を語る
写真:Rex Features/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] クリストファー・ノーラン(プロデュース)&ザック・スナイダー(監督)による「スーパーマン:マン・オブ・スティール(原題)」の準備が着々と進むなか、「スーパーマン・リターンズ」を手がけたブライアン・シンガー監督が 前作の失敗理由を分析した。

映画版第4弾となる「スーパーマン・リターンズ」は、クリストファー・リーブに代わりブランドン・ラウスを新スーパーマンに起用し、新シリーズ第1弾として製作された。しかし、世界興行収入が期待外れの3億9100万ドルに留まったため、続編製作は中止。その後、ノーランとスナイダーによる再リブートとなった経緯がある。

今夏全米公開される「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」のプロデューサーを務めるシンガー監督は、VoicesFromKrypton.comの取材に「『スーパーマン・リターンズ』は少しノスタルジックかつロマンティックで、みんなが期待していた映画ではなかった。とくに、サマーシーズンにおいてはね」と失敗について説明した。

シンガー監督は、大好きなリチャード・ドナー作品を目指したのが間違いだったと認める。ただし、作品の出来には満足しているそうで「過去の作品を見直してみて、『げっ、詰めが甘いな』とか、『もっとマシになるのに』と思うときもある。でも、この映画に関してはあまりない。もし直せるなら、第
一幕のテンポをもう少し早めることくらいだね」

【初回生産限定スペシャル・パッケージ】スーパーマン リターンズ[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回生産限定スペシャル・パッケージ】スーパーマン リターンズ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,200 クリプトン星の悪人との戦いに勝利した後、謎の失踪を遂げたスーパーマンが5年ぶりに地球に戻ってきた!監督:ブライアン・シンガー
マン・オブ・スティール ブルーレイ&DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] マン・オブ・スティール ブルーレイ&DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,478 地球をめぐり最強のヒーローと最凶の侵略者とのバトルを驚愕のスケールで描く、アクション・エンターテイメント!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi