【第83回アカデミー賞】脚本賞は“本命”「英国王のスピーチ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月28日 > 【第83回アカデミー賞】脚本賞は“本命”「英国王のスピーチ」
メニュー

【第83回アカデミー賞】脚本賞は“本命”「英国王のスピーチ」

2011年2月28日 11:19

計12部門ノミネート、脚本賞受賞「英国王のスピーチ」

計12部門ノミネート、脚本賞受賞
(c) 2010 See-Saw Films. All rights reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第83回アカデミー賞の授賞式が2月27日(日本時間28日)、米カリフォルニア州ロサンゼルスのハリウッド・コダックシアターで行われ、「英国王のスピーチ」(トム・フーパー監督)がオリジナル脚本賞を受賞した。

英国王のスピーチ」は、英国王ジョージ6世がきつ音障害を克服し、第2次世界大戦開戦時のスピーチに挑む姿を描いたドラマ。脚本家デビッド・サイドラーは、自身がきつ音を克服した経験をもとに、本作を執筆した。本作は作品賞、監督賞、主演男優賞、助演男女優賞など計12部門ノミネートされた。英国アカデミー賞でもオリジナル脚本賞を受賞している。

サイドラーは主にTVドラマと映画で長いキャリアを持つ脚本家で、代表作はフランシス・フォード・コッポラ監督の「タッカー」(1988)、アーサー王の伝説をアニメ化した「キャメロット」(98)、名作ミュージカルをアニメ化した「王様と私」(99)など。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi