アカデミー賞大混戦 授賞式直前で、本命「英国王のスピーチ」が失速 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月22日 > アカデミー賞大混戦 授賞式直前で、本命「英国王のスピーチ」が失速
メニュー

アカデミー賞大混戦 授賞式直前で、本命「英国王のスピーチ」が失速

2011年2月22日 11:07

ゴール目前で足踏み状態「英国王のスピーチ」

ゴール目前で足踏み状態
(C) 2010 See-Saw Films. All rights reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アカデミー賞授賞式を1週間後に控えているが、優勢と見られていた「英国王のスピーチ」の勢いに陰りが見えてきた。

米映画編集者組合(ACE)に所属する映画編集者の投票によって決まるACE Eddie賞の授賞式が2月19日(現地時間)に行われ、「ソーシャル・ネットワーク」が最優秀賞にあたるBest Edited Dramatic Feature Film賞を受賞した。また、同日に行われた米映画音響編集者組合(Cinema Audio Society)に所属する音響編集者が選考するCAS賞においては、「トゥルー・グリット」が最優秀賞にあたるOutstanding Achievement in Sound Mixing for Motion Pictures賞を受賞した。

これまでの賞レースにおいて、主な批評家賞では「ソーシャル・ネットワーク」が独走していたが、今年になって各組合賞で「英国王のスピーチ」が作品賞を立て続けに受賞。SAG賞、DGA賞、PGA賞といった組合賞を投票するメンバーと、アカデミー会員は重複することから、「英国王のスピーチ」が優勢と見られていた。

しかし、アカデミー賞の直前になって、ACEやCASといった組合賞で「ソーシャル・ネットワーク」や「トゥルー・グリット」が受賞したことから、終盤になってアカデミー賞レースは混とんとした様相を呈してきたといえる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi