スティーブン・ソダーバーグ監督に隠し子発覚 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月7日 > スティーブン・ソダーバーグ監督に隠し子発覚
メニュー

スティーブン・ソダーバーグ監督に隠し子発覚

2011年2月7日 20:21

監督業引退を明かしているソダーバーグ「オーシャンズ11」

監督業引退を明かしているソダーバーグ
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] オスカー監督スティーブン・ソダーバーグ(「オーシャンズ11」シリーズ、「ガールフレンド・エクスペリエンス」)に、隠し子の存在が発覚した。

米ニューヨーク・ポスト紙によれば、オーストラリア人の未婚女性フランシス・ローレンシア・アンダーソンさんは、2010年8月30日に誕生した娘パール・バトンの父親が、ソダーバーグ監督であるとの訴状をニューヨークの裁判所に提出。アンダーソンさんは、娘とソダーバーグ監督のDNA検査の結果、2人の親子関係が認められたと主張し、ソダーバーグ監督に公的な認知と養育費のサポートを求めた。

ソダーバーグ監督は、09年12月から10年2月にかけてシドニーで上演された「トット・マム」の舞台監督を務め、このときにアンダーソンさんと不倫関係になり、複数回にわたって関係を持ったという。父親であることを口頭ではすでに認めており、出産までの費用も支払ってきた経緯もある。

ソダーバーグ監督は、2003年に元テレビ司会者のジュール・アスナーと再婚。前妻の女優ベッツィ・ブラントリーとの間に娘がひとりいる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi