香川照之、後楽園ホールのリングで“ボクシング愛”大熱弁 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月7日 > 香川照之、後楽園ホールのリングで“ボクシング愛”大熱弁
メニュー

香川照之、後楽園ホールのリングで“ボクシング愛”大熱弁

2011年2月7日 20:46

後楽園ホールのリング上でポーズをとるガッツ石松(左)と香川照之「あしたのジョー」

後楽園ホールのリング上でポーズをとるガッツ石松(左)と香川照之
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 不朽の人気漫画を実写映画化した「あしたのジョー」の公開記念イベント「チャンピオンカーニバル」が2月7日、ボクシングの聖地である東京・後楽園ホールで行われ、輪島功一ガッツ石松、内山高志らボクシング新旧世界チャンピオン12人が同作を鑑賞。主演を務めた山下智久伊勢谷友介らにエールをおくった。

原作は故梶原一騎さんが高森朝雄名義で原作を手がけ、ちばてつやが作画を担当した同名漫画。昭和40年代、ボクサーとしての才能を見出された矢吹(山下)が、少年院で世界チャンピオンに通用する実力をもつプロボクサー・力石(伊勢谷)と運命的な出会いを果たし、永遠のライバルとなる。後楽園ホールは、矢吹と力石が対決した場所としても知られる。

山下は、「キャストを含めて一生懸命つくった作品。僕自身、役を通して一生懸命やることの大切さを教えてもらった気がする。ボクシングの先にある人間ドラマを見ていただければ」とあこがれのリング上で緊張のアピール。伊勢谷も世界チャンプに囲まれながら、「皆さんがつくり上げた場所に、役者風情が立たせていただき、光栄で身が引き締まる思い」と語った。

丹下段平役の香川照之は、自他ともに認めるボクシングファンで「後楽園ホールには何100回来たかわからない。このリングに立たせていただけるのが、どれだけすごいことか」と興奮気味。くしくもこの日は壇上に立つ大橋秀行(元WBC・WBA世界ミニマム級王者、現日本プロボクシング協会会長)が1990年、後楽園ホールで韓国のチェ・ジュンファンに勝利し、国内ジム所属選手の世界挑戦連続失敗回数21にストップをかけた記念すべき日。「あの日はどれだけうれしかったか! ぜひ大橋会長にも拍手を。僕はここにいる10人のチャンピオン誕生の瞬間を直接見ていますから」と熱弁。山下がミット打ちを公開した際は“丹下ばり”の声援を飛ばし、「パート2実現は皆さんの応援次第」とファンへのアピールも忘れなかった。

一方、ガッツは「本当にお疲れさまでした。山下さんや監督、役者さんの熱が伝わったし、僕らも青春時代を思い出した。たいしたもんだ。OK牧場!」と太鼓判を押した。輪島も「簡単なことを一生懸命に続けることは難しいこと。この映画を見て、『これなら誰にも負けない』ってことを伸ばして、周りをあっと言わせてほしい」と力説。現WBA世界スーパーフェザー級王者の内山は、「山下さんも伊勢谷さんも真剣にやってくれた。ボクサーの僕らも感動している」と称えた。

あしたのジョー」は2月5日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi