山下智久、矢吹丈を演じ「1日1回キレていた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月17日 > 山下智久、矢吹丈を演じ「1日1回キレていた」
メニュー

山下智久、矢吹丈を演じ「1日1回キレていた」

2010年12月17日 15:41

山下の肉体を「彫刻のよう」と絶賛「あしたのジョー」

山下の肉体を「彫刻のよう」と絶賛
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 不朽の人気漫画を実写化した「あしたのジョー」の公開記念イベントが12月17日、東京・赤坂サカスで行われ、主人公・矢吹丈を演じた山下智久曽利文彦監督が出席した。山下は「最初は怖くてできなかった」と壮絶な打ち合いシーンを述懐。「毎日トレーナーの方が(奮起させようと)本気で腹にパンチしてきた。おかげで怒りのレベルも高まって、1日1回はキレていましたね」と気迫の舞台裏を語った。

原作は故梶原一騎さんが高森朝雄名義で原作を手がけ、ちばてつやが作画を担当した同名漫画。昭和40年代、ボクサーとしての才能を見出された矢吹(山下)が、少年院で世界チャンピオンに通用する実力をもつプロボクサー・力石(伊勢谷友介)と運命的な出会いを果たし、永遠のライバルとなる。

矢吹を演じるにあたり、極限の肉体改造に挑んだ山下は「撮影が始まったころは(役柄上)ボクシングをしていない肉体。そこから限られた時間で準備したのですごく大変だった」。体脂肪を5%にまで落としたため、「冬は寒かったですね」と振り返った。トレーニング中には丹下段平役の香川照之がオフにもかかわらず、応援に駆けつけたといい「最後まで頑張れる活力になった」と感謝。「大きな作品なので傷つけないよう頑張った」と完成に感無量だった。

メガホンをとった曽利監督は、「CGで何でもできる時代だからこそ、本物で勝負したかった」。山下の肉体を目の当たりにし「まるで彫刻が動いているようだった。人間のもつ力を山下君に教えられ、涙が出そうになった。男として尊敬しちゃいます」と大絶賛だった。

この日のイベントは山下がCMキャラクターを務める「東芝dynabook」とのタイアップ。会場には劇中の山下を忠実に再現した等身大フィギュアも登場し、山下は「すごいっすね。汗もかいているし、撮影当時を思い出します」と笑顔をのぞかせた。

あしたのジョー」は2011年2月11日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi