英インディペンデント映画の祭典で「英国王のスピーチ」が5冠 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月7日 > 英インディペンデント映画の祭典で「英国王のスピーチ」が5冠
メニュー

英インディペンデント映画の祭典で「英国王のスピーチ」が5冠

2010年12月7日 16:15

オスカー最有力と言われる主演のコリン・ファース「英国王のスピーチ」

オスカー最有力と言われる主演のコリン・ファース
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 英インディペンデント映画の祭典ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード授賞式が12月5日、英ロンドンで開催され、トム・フーパー監督の「英国王のスピーチ」が作品賞を含む最多5部門で受賞した。同作は作品賞、主演男優賞(コリン・ファース)、助演女優賞(ヘレナ・ボナム=カーター)、助演男優賞(ジェフリー・ラッシュ)、脚本賞(デビッド・サイドラー)に輝いた。

イギリス王ジョージ6世(ファース)が、スピーチ・セラピスト(ラッシュ)の協力を得て演説下手を克服しようとする物語の同作は、トロント国際映画祭の最高賞にあたる観客賞も獲得しており、アカデミー賞ノミネートの呼び声も高い。特に、ファースの演技は主演男優賞最有力と言われている。ジョージ6世の妻を演じたボナム=カーターは、演技功労賞にあたるリチャード・ハリス賞も獲得した。

また監督賞は、低予算映画「モンスターズ(原題)」のギャレス・エドワーズ監督が受賞。エドワーズ監督は、優れた特殊効果により技術功労賞を獲得し、同作で製作功労賞も戴冠。主演女優賞は、カズオ・イシグロの同名小説を映画化した「わたしを離さないで」のキャリー・マリガンにおくられている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi