「ヤマト」出演の斎藤工、木村拓哉のスター性に圧倒される : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年11月27日 > 「ヤマト」出演の斎藤工、木村拓哉のスター性に圧倒される
メニュー

「ヤマト」出演の斎藤工、木村拓哉のスター性に圧倒される

2010年11月27日 13:42

何だかいい匂いがしますね……「SPACE BATTLESHIP ヤマト」

何だかいい匂いがしますね……
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 国民的アニメを実写化した「SPACE BATTLESHIP ヤマト」に出演した俳優の斎藤工が11月26日、東京・有楽町の東宝本社で行われた特別試写会に出席。同作でブラックタイガー隊随一のイケメンパイロット・山本を演じる斎藤は、「十三人の刺客」「雷桜」といった話題作に出演し、来年には主演作「明日泣く」も控える注目株だ。

この日は女性ファッション誌「CanCam」「AneCan」(小学館刊)の読者モデル25人が映画を鑑賞。斎藤は「何だかいい匂いがしますね。美しい皆さんに見ていただき、お礼を申し上げます」と恐縮しきり。ある読者モデルが、「映画館で見るべき映画だと思った」と興奮気味に語ると、「僕自身もまるでハリウッド映画を見ているような感覚で、日本の映画も進化したなと感じた。宇宙空間の映像はもちろん、地下に人類が住んでいる描写がすごいと思う」と熱っぽくアピールした。

主演を務める木村拓哉との共演は「正直ドキドキしっぱなしだった」。撮影前の合宿では、休憩時間にビリヤードや卓球に興じたそうで「まるでテレビ番組みたいに、劇的な逆転勝ちをするんですよ」と木村のスター性に圧倒されたという。一方、スタッフを名前で呼んだり、お酒が飲めない斎藤にウーロン茶を用意したりと細やかな気遣いを見せたことを明かし「それを自然にできるのがすごい」と述懐。読者モデルたちも興味津々の様子だった。

西暦2199年、ナゾの異星人による侵攻で人類が絶命寸前に追い込まれるなか、地球防衛軍の元エースパイロット・古代進(木村)らは宇宙戦艦ヤマトに乗り込み、放射能除去装置があるというイスカンダル星に2度と戻れないかもしれない危険なミッションに出る姿を描く。

SPACE BATTLESHIP ヤマト」は12月1日から全国で公開。

SPACE BATTLESHIP ヤマト プレミアム・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] SPACE BATTLESHIP ヤマト プレミアム・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,555 国民的アニメの金字塔「宇宙戦艦ヤマト」を実写映画化!
いつか陽のあたる場所で DVD-BOX[DVD] いつか陽のあたる場所で DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥14,489 刑期を終えて戻ってきた二人の女性が、前向きに新しい人生を模索する姿を描いた、ハートウォームなヒューマンドラマ。出演:斎藤工

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi