ダーレン・アロノフスキー監督、「ウルヴァリン」最新作を語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年11月15日 > ダーレン・アロノフスキー監督、「ウルヴァリン」最新作を語る
メニュー

ダーレン・アロノフスキー監督、「ウルヴァリン」最新作を語る

2010年11月15日 11:45

日本人女性役は誰に?「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」

日本人女性役は誰に?
写真:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ダーレン・アロノフスキー監督がメガホンをとる、ヒュー・ジャックマン主演の「ウルヴァリン」シリーズ最新作は、前作「ウルヴァリン/X-MEN ZERO」の続編ではなく単独作品となることが分かった。

アロノフスキー監督が米Hitfixとのインタビューで明かしたもので、タイトルはシンプルに「ウルヴァリン(Wolverine)」。「X-Men」シリーズからも独立したストーリーを展開する、単発プロジェクトになるという。

ユージュアル・サスペクツ」「ワルキューレ」の脚本家クリストファー・マッカリーが手がけた脚本は、かねてから日本が舞台となり、ウルヴァリンと日本人女性の恋愛が主題になると言われている。現時点ではジャックマン以外のキャストは未定だが、2011年中のクランクインを予定している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi