ダーレン・アロノフスキー監督、WEB連載のサイバースリラーを映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月28日 > ダーレン・アロノフスキー監督、WEB連載のサイバースリラーを映画化
メニュー

ダーレン・アロノフスキー監督、WEB連載のサイバースリラーを映画化

2010年10月28日 11:31

待機企画が目白押し「レスラー」

待機企画が目白押し
写真:Globe Photos/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ダーレン・アロノフスキー監督(「レスラー」)が、マンダレイ・ピクチャーズ製作のサイバースリラー「マシンマン(原題)」のメガホンをとることが決定した。

米ハリウッド・レポーター誌によれば、豪作家マックス・バリーがホームページで日刊連載している同名小説を映画化するもので、小説の完成版は2011年春に出版が予定されている。平凡な日常に嫌気がさしているメカオタクのエンジニアが、体のパーツを高品質チタンと入れ替えアップグレードしたところ、彼の新しい体を利用しようとする者たちの陰謀が発覚するというストーリー。アロノフスキー監督の新作「ブラック・スワン(原題)」(ナタリー・ポートマン主演、12月3日全米公開)で共同脚本を務めたマーク・ヘイマンが脚色を手がけ、原作者バリーはエグゼクティブプロデューサーとして名を連ねる。

アロノフスキー監督は、ヒュー・ジャックマン主演「ウルヴァリン/X-MEN ZERO」の続編の監督候補に挙がっているが、現在のところまだ契約交渉中のようだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi