「ゲゲゲの女房」吹石一恵「婚期はまだかな」と本音で結婚観語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年11月12日 > 「ゲゲゲの女房」吹石一恵「婚期はまだかな」と本音で結婚観語る
メニュー

「ゲゲゲの女房」吹石一恵「婚期はまだかな」と本音で結婚観語る

2010年11月12日 11:59

人前で歌うのは苦手と告白「ゲゲゲの女房」

人前で歌うのは苦手と告白
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気漫画家・水木しげるの妻・武良布枝さんのエッセイを映画化した「ゲゲゲの女房」の“おふたりさま試写会”が11月11日、東京・新宿武蔵野館で行われ、上映後に布枝さん役を務めた吹石一恵鈴木卓爾監督が登場。物語にちなみ、夫婦や友人など2人連れの招待客を前に、理想の恋愛や結婚観について語った。

お見合いで出会って5日後に結婚した水木夫妻が、ぎこちなさと貧窮にあえぐ生活のなか、ひたすら漫画を描き続けて支え合う姿を描く。鈴木監督は「原作を読んで最初に興味を持ったのは、2人がお互いにちゃんと目を見つめ合う関係になったのはいつだろうということ。それを妖怪のような視点で見ていただけたら」と話した。

小さいころから水木作品が好きで、原作も一気に読んだという吹石は「この作品に参加できる喜びと、私が演じられるのかという不安が半々ありました。布枝さんと私は(性格が)似ていない。疑問があったらいちいち聞きたくなる性分なので」と役どころとのギャップを述懐。自身の結婚観について「布枝さんの時代、女性は結婚して当たり前で、29歳で“行き遅れ”だった。でも私はいまだに夢を見ている部分がある。婚期はまだかな。登録してお金を払って会いに行くようなことはしていません(笑)」とジョーク交じりに本音トークを繰り広げた。

吹石は劇中、島根の民謡・安来節を披露しているが「実は人前で歌を歌うことにトラウマがある」と告白。「(撮影中)恥ずかしいのでスタッフの皆さんに『あっち向いてください』と頼んで、空に向かって目をつぶって歌いました」とエピソードを話した。

ゲゲゲの女房」は11月20日より公開。

ゲゲゲの女房[DVD] ゲゲゲの女房[DVD] 最安価格: ¥3,652 水木しげるの妻・武良布枝の貧しく厳しい時代に生きた夫婦の姿を綴った自伝エッセイを映画化!
私は猫ストーカー[DVD] 私は猫ストーカー[DVD] 最安価格: ¥3,292 エッセイ集『私は猫ストーカー』をベースに映画化したユーモラスでちょっぴり切ないストーリー。監督:鈴木卓爾

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi