「ゲゲゲの女房」水木しげる役のクドカンは「怖いくらい似ている」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月15日 > 「ゲゲゲの女房」水木しげる役のクドカンは「怖いくらい似ている」
メニュー

「ゲゲゲの女房」水木しげる役のクドカンは「怖いくらい似ている」

2010年10月15日 11:30

宮藤は劇中で漫画の腕前を披露「ゲゲゲの女房」 宮藤は劇中で漫画の腕前を披露
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ゲゲゲの鬼太郎」などで知られる漫画家・水木しげるの妻・武良布枝の自伝を映画化した「ゲゲゲの女房」のプレミア試写会が10月14日、水木ゆかりの地・東京調布のホールで行われ、水木夫妻を演じた宮藤官九郎吹石一恵鈴木卓爾監督が舞台挨拶に立った。

お見合いからわずか5日後に結婚し、貧困にあえぎながら漫画を書き続け、支え合って暮らす夫婦の生きざまを描く。同じ原作となるNHKの連続テレビ小説では高視聴率をキープし、原作本は50万部を突破。“ゲゲゲ旋風”が吹き荒れる中での公開に注目が集まり、この日は有料試写会にもかかわらず約500人の観客が集まった。

吹石は、「撮影した場所にこうして戻ってくることができてうれしい」と挨拶。「原作は面白くて一気に読みましたけど、布枝さんは大和撫子タイプで私と似ていないので、正直心配になりました」と撮影前の心境を告白した。鈴木監督が「(布枝役に)吹石さんがすぐ浮かんだ」と返すと、宮藤から「僕は浮かばなかったのですか?」と突っ込まれて苦笑いしたが、「宮藤さんは一生懸命になると役に入り込む。しげるさんが憑依(ひょうい)していました」とベタ褒めした。

水木の事務所で漫画の練習をし、劇中でもその腕前を披露している宮藤。「ドラマ版では貧乏を経て成功するまで描かれているけど、この映画は貧乏に焦点を当てていて、その貧乏さ加減はごまかしていない」とアピール。さらに「僕が思いのほか水木先生に似ている。水木先生の本物のお見合い写真を見てほしいくらいです!」と語ると、鈴木監督も「怖いくらい似ています」と大きくうなずき、会場を沸かせた。

ゲゲゲの女房」は11月20日より公開。

レビュー利用規約に同意の上、コメント投稿する

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る