水木しげるの半生描く「ゲゲゲの女房」映画化決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年4月23日 > 水木しげるの半生描く「ゲゲゲの女房」映画化決定!
メニュー

水木しげるの半生描く「ゲゲゲの女房」映画化決定!

2009年4月23日 12:00

水木しげるを支え続けてきた“ゲゲゲの女房”「ゲゲゲの女房」

水木しげるを支え続けてきた“ゲゲゲの女房”
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ゲゲゲの鬼太郎」で知られる漫画家・水木しげる(本名:武良茂)の半生を夫人の武良布枝(むら・ぬのえ)さんが綴ったエッセー「ゲゲゲの女房 人生は…終わりよければ、すべてよし!!」が、「ゲゲゲの女房」として映画化されることになった。

同書は08年3月に実業之日本社から刊行。夫と歩んだ激動の人生への思いを率直に綴り、著者にとって初のエッセーながら、4万部を超えるヒットとなった。武良さんは、太平洋戦争で片腕を失った水木と1961年にお見合いで出会い、5日後に結婚。夫婦となった後から、底なしの貧乏生活の中で、お互いに愛を育んでいった。映画でも夫婦の若き日の姿が描かれることになる。

メガホンを取るのは、脚本家として矢口史靖監督の「裸足のピクニック」や「ひみつの花園」などに参加し、俳優として市川準監督の「トキワ荘の青春」や塚本晋也監督の「六月の蛇」に出演してきた鈴木卓爾。鈴木監督はぴあフィルムフェスティバル出身で、これまでオムニバス映画などで監督経験があるほか、長編監督デビュー作となる「私は猫ストーカー」(星野真里主演)が今年7月に公開される予定だ。

撮影は今秋に行われ、公開は、水木しげるの満88歳(米寿)、画業60周年のメモリアルイヤーにあたる10年の初夏を予定している。

なお、「ゲゲゲの女房」は、来春のNHKの連続テレビ小説としてドラマ化されることも決定しているが、映画版とは別プロジェクトとのこと。映画版、ドラマ版それぞれのキャスティングも話題になりそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi