ウエンツがクールビズ呼びかける。環境省×「鬼太郎」タイアップ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年6月5日 > ウエンツがクールビズ呼びかける。環境省×「鬼太郎」タイアップ
メニュー

ウエンツがクールビズ呼びかける。環境省×「鬼太郎」タイアップ

2008年6月5日 12:00

鬼太郎が「クールビズプラス」「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」

鬼太郎が「クールビズプラス」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 水木しげるの妖怪漫画を実写化した第2弾「ゲゲゲの鬼太郎/千年呪い歌」が、環境省が提案する「クールビズプラス」に一役買うことになった。6月4日、東京・六本木の東京ミッドタウンで行われた環境省とのタイアップイベントに、同作の主人公・鬼太郎を演じるウエンツ瑛士と本木克英監督が登場し、集まった観客にクールビズを呼びかけた。

従来のクールビズに、自分なりに出来る温暖化防止アクションをプラスするという意味の「クールビズプラス」のイベントにちなんで、ウエンツと本木監督はセミフォーマルなクールビズスーツで登場。「自分だけではなく相手にも涼しい印象を与える服装であることが大切」とクールビズスタイルについて語るウエンツは、地球温暖化防止への取り組みを聞かれると、「電気代はいつも気にしているし、最近は自転車での移動が増えた。環境問題を意識して始めたわけではないが、これもCO2削減につながればいいと思う」と話す。

「人間と、自然の象徴的存在である妖怪の共生」がテーマの本作では、妖怪たちは自然破壊を繰り返す人間に警鐘を鳴らしている。本木監督は「妖怪は恐ろしいものだと思っているかもしれないが、自然が豊かじゃないと妖怪は存在できない。今回は、大妖怪ぬらりひょん(緒方拳)が、人間が環境に対してやってきたことを問いかけ、鬼太郎もそれを考えるというシリアスな内容になっている」と語り、ウエンツも「人との出会いやつながりがテーマの映画でもある。クールビズも1人がやったことが皆につながって大きな形になるはず」と、環境問題の意識を高めるようメッセージを送った。

ゲゲゲの鬼太郎/千年呪い歌」は全国公開される7月12日から1カ月間、丸の内ピカデリーほか100館以上の上映劇場で、室内の設定温度を通常より2度高くするなど、劇場に足を運ぶ観客に向けてクールビズを推奨する。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi