ジョニー・デップをスターにしたドラマの映画化、主演にチャニング・テイタム : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年11月12日 > ジョニー・デップをスターにしたドラマの映画化、主演にチャニング・テイタム
メニュー

ジョニー・デップをスターにしたドラマの映画化、主演にチャニング・テイタム

2010年11月12日 11:29

「G.I.ジョー」の主演が記憶に新しい「21ジャンプストリート」

「G.I.ジョー」の主演が記憶に新しい
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1980年代後半に人気を博したジョニー・デップ主演のTVドラマ「21ジャンプ・ストリート」を映画化する作品の主役として、人気俳優チャニング・テイタム(「G.I.ジョー」)が最有力候補にあがっていることが分かった。米Deadline Hollywoodによれば、テイタムは間もなく出演交渉に入るという。

同ドラマは、ハイスクールで潜入捜査を行う若き刑事たちの物語で、デップをスターダムに押し上げた作品。映画版は3Dアニメ「くもりときどきミートボール」の監督コンビ、フィル・ロードとクリストファー・ミラーが初の実写長編作品としてメガホンをとる。脚本は、米俳優ジョナ・ヒル(「スーパーバッド 童貞ウォーズ」)のアイデアをもとに、マイケル・バコールが執筆。ヒルは同作に出演することも決まっており、テイタムとヒルの若手コンビに期待がかかっているという。

テイタムは、09年のデップ主演作「パブリック・エネミーズ」、来年1月に米公開を控えるロン・ハワード監督作「僕が結婚を決めたワケ」などにも出演している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi