25歳の新鋭リャオ・チエカイ監督、観客の拍手に感激 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月26日 > 25歳の新鋭リャオ・チエカイ監督、観客の拍手に感激
メニュー

25歳の新鋭リャオ・チエカイ監督、観客の拍手に感激

2010年10月26日 16:00

緑ゆたかなシンガポールの一面を描く

緑ゆたかなシンガポールの一面を描く
[拡大画像]

[映画.com ニュース] シンガポールのインディーズ映画をけん引する新鋭リャオ・チエカイ監督作「赤とんぼ」が10月26日、東京・六本木ヒルズで開催中の第23回東京国際映画祭アジアの風部門で上映され、チエカイ監督と主演のン・スアンミンがティーチインを行った。

同作は、ニューヨークからシンガポールに戻ったアーティストのレイチェルが、幼いころ、2人の少年と深い森を通る廃線の線路を探検した記憶をたどる物語。チエカイ監督の長編デビュー作であり、韓国・全州国際映画祭で審査員特別賞を受賞している。

今年のアジアの風部門では最年少となる25歳のチエカイ監督は、観客からの温かい拍手に感激の面持ち。「赤とんぼ」というタイトルは、「台湾の人気バンドの曲からヒントを得ました。その後、日本にも韓国にも同名の曲があり、いずれも幼少期のことを歌った曲であると知って興味深く感じました」と説明した。映画の舞台となった線路について、「1990年代ごろまで使われていた、シンガポールの中心部から西側に延びる線路で、近くに住んでいた人々にはとても思い出深いところです。今は使われていませんが周囲に畑ができて食物が育っていたり、トレッキングする人がいたり、とてもユニークな場所になっています」と紹介した。

レイチェル役を演じたスアンミンは、「私自身もこの映画を撮影する前に6年間、アメリカに住んでいたので、レイチェルとは相通ずるところがあります。私も自分のアート作品を発表するギャラリーを探すため、シンガポールに戻ってきました。学生から社会人となる過渡期にこの映画に出合い、撮影を通じて自分の旅路というものを見つめることができたと思います」と語った。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi