【第23回東京国際映画祭】カトリーヌ・ドヌーブら海外ゲストも続々 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月23日 > 【第23回東京国際映画祭】カトリーヌ・ドヌーブら海外ゲストも続々
メニュー

【第23回東京国際映画祭】カトリーヌ・ドヌーブら海外ゲストも続々

2010年10月23日 19:48

貫禄十分のカトリーヌ・ドヌーブ「しあわせの雨傘」

貫禄十分のカトリーヌ・ドヌーブ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第23回東京国際映画祭のグリーンカーペットに、フランスの大女優カトリーヌ・ドヌーブをはじめ多くの海外ゲストが来場した。

ドヌーブは黒のドレスに身を包み、カーペット上で威風堂々。今回は特別招待されているフランソワ・オゾン監督の「しあわせの雨傘」を引っさげての来日で、上映当日の24日はTOHOシネマズ六本木ヒルズで舞台挨拶に立つ予定だ。


オープニング作品「ソーシャル・ネットワーク」 主演のジェシー・アイゼンバーグと 脚本のアーロン・ソーキン「しあわせの雨傘」

オープニング作品「ソーシャル・ネットワーク」
主演のジェシー・アイゼンバーグと
脚本のアーロン・ソーキン
[拡大画像]

同日、3Dスペシャルプレゼンテーションが行われる話題の超大作「トロン:レガシー」に主演する若手俳優のギャレット・ヘドランドとオリヴィア・ワイルドは、劇中の世界観を連想させる“トロンモデル”を引き連れた大所帯でカーペットに登場。また、今年のオープニング作品で、本年度アカデミー賞最有力の呼び声も高い「ソーシャル・ネットワーク」の主演ジェシー・アイゼンバーグと脚本を手がけたアーロン・ソーキンも姿を見せた。

終盤には、コンペティション部門の審査委員長であるニール・ジョーダン監督をはじめ、ジュディ・オングホ・ジノ監督、根岸吉太郎監督らが勢ぞろい。最高賞にあたる東京サクラグランプリを争う戦いの火ぶたが切って落とされた。なお「アジアの風」部門・「台湾電影ルネッサンス2010~美麗新世代」でワールドプレミア上映される「ジュリエット」に主演のビビアン・スーは、急きょ出席を取りやめた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi