岡田准一「SP野望篇」は「日本映画のためにできること」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月26日 > 岡田准一「SP野望篇」は「日本映画のためにできること」
メニュー

岡田准一「SP野望篇」は「日本映画のためにできること」

2010年10月26日 19:18

岡田からアクションの手ほどき

岡田からアクションの手ほどき
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気TVシリーズの映画化2部作前編「SP THE MOTION PICTURE 野望篇」が10月26日、第23回東京国際映画祭の特別招待作品として上映され、東京・六本木ヒルズアリーナで、実際の火薬を使った大掛かりなイベントが行われた。同所で撮影された映画冒頭の爆破シーンを再現したもの。主演の岡田准一真木よう子らが劇中衣装に身を包み、約600人のアリーナ来場者を“警護”した。

岡田は、無事に任務を終えると「ちょうど撮影した1年前を思い出しますね」としんみり。「今まで現代の日本を舞台にしたアクションものは、なかなか作られなかった。僕らは日本映画のためにできることは何か考えながら、新しいアクションを目指した」と振り返った。続く「革命篇」については、「アクション中心の野望篇から一転し、深々と重厚感がある作品。SPのラストにふさわしいものになった」とアピールした。

イベント後の舞台挨拶には、堤真一も合流し「この作品は(原案・脚本の)金城君と岡田君の執念が完成させた。僕自身は今回、別行動だったので、だんだん岡田君たちから冷たくされましたけど(笑)」。真木は“師範”である岡田からアクションの手ほどきを受けたといい、「優しく丁寧な指導だったが、うまくできないと……怖かったです」と苦笑い。波多野貴文監督は「本当にお待たせしました! ハリウッドでも香港でもない僕らのアクションになったし、ストーリーも秀逸」と自信をのぞかせた。

直木賞作家・金城一紀が原案・脚本を務めるサスペンスアクション。2部作の前編となる「野望篇」では、シンクロと呼ばれる危険を察知する特殊能力をもった井上薫(岡田)ら警視庁警備部警護課第四係のSPたちが、大規模テロ事件に巻き込まれる。

「SP THE MOTION PICTURE 野望篇」は10月30日から全国で公開。後編の「革命篇」は2011年春公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi