山田優、3D超大作「トロン:レガシー」に大興奮 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月24日 > 山田優、3D超大作「トロン:レガシー」に大興奮
メニュー

山田優、3D超大作「トロン:レガシー」に大興奮

2010年10月24日 09:06

山田優も大興奮の出来栄え「トロン」

山田優も大興奮の出来栄え
[拡大画像]

[映画.com ニュース] [映画.com ニュース] ディズニー製作の3D大作「トロン:レガシー」のスペシャルプレゼンテーションが10月23日、第23回東京国際映画祭が開催中の東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、約24分間の特別フッテージによって全ぼうの一端が明らかになった。来日中の主演俳優ギャレット・ヘドランドオリビア・ワイルド、プロデューサーのショーン・ベイリーが上映後のティーチインに出席し、宣伝プロデューサーに任命された女優の山田優とともに舞台挨拶に立った。

1982年に世界初のデジタルCGを導入した「トロン」の3D版続編。巨大デジタル企業のCEOケビン・フリン(ジェフ・ブリッジス)が失踪してから20年後、27歳に成長した息子のサム(ヘドランド)が父の創造した“理想の電脳世界”トロンで冒険を繰り広げる姿を描く。

昨年の「アバター」に続き、同映画祭の3Dスペシャルプレゼンテーション作品となった同作。製作を手掛けるベイリーは、「撮影には『アバター』で用いられたものより、さらに進化したカメラを使用した。いわば最も新しい3D映像といえます」と自信のアピール。「あらゆる意味で歴史を作った前作の遺産(レガシー)を受け継ぎ、今回は誰も見たことがない映像、そして斬新なストーリーを目指した」と熱弁をふるった。

ヘドランドは、「数カ月のトレーニングで、柔軟性やスタミナを身につけた。それに精神的にも鍛えられたね。トレーナーたちはまるで忍者のようだった」。ナゾを握る女クオラを演じるワイルドは、「戦士であると同時に、子どもの心をもったピュアな一面も。それに勇敢で芯が強い女性なの。意識したのはジャンヌ・ダルク。演じがいのある役柄だった」と振り返った。

山田は、「今までに見た3Dとは感覚が全然違う。とにかくすごくて引き込まれた」と大興奮。「ぜひ多くの方々に映画館で見ていただけるよう、どんどん宣伝したい」と意気込みを語る山田に対し、ヘドランドは「ぜひ続編に出演して」とラブコールをおくった。

トロン:レガシー」は、12月17日に世界同時公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi