はしのえみ“運命のボタン”は結婚 「考え方も倍に」とノロケ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年8月16日 > はしのえみ“運命のボタン”は結婚 「考え方も倍に」とノロケ
メニュー

はしのえみ“運命のボタン”は結婚 「考え方も倍に」とノロケ

2010年8月16日 11:53

結婚も運命のボタンだった!と告白「運命のボタン」

結婚も運命のボタンだった!と告白
[拡大画像]

[映画.com ニュース] タレントのはしのえみが8月15日、都内のスタジオで、DVD&ブルーレイが発売される米映画「運命のボタン」日本語吹き替え版のアフレコ収録に臨んだ。

米人気SF作家リチャード・マシスンの短編小説「Button, Button(原題)」を映画化。「このボタンを押せば100万ドルを受け取れるが、引き替えに世界のどこかで見知らぬ誰かが死ぬ」という赤いボタンを手にしたノーマ(キャメロン・ディアス)とその夫が、迷いながらもボタンを押してしまうことで巻き起こる異色サスペンス。はしのは、大ファンだというディアスの吹き替えを務める。

はしのにとって、日本語吹き替えは「トップガン」(05年の復刻版)、「ウィッチマウンテン/地図から消された山」に続き3度目で、主役級は初めて。アフレコ中は「手が震えてきた」と緊張した様子で、「やっぱり大変。演技に合わせなければいけないし、ため息や息づかいも難しい」と苦労した様子だ。そして、「ディアスさんの演技もいつもと違うシリアス路線。とはいえ、(日本語吹き替えが)淡々とし過ぎていても良くないし……」と悩みを明かした。

大金が手に入るボタンが目の前にあっても、「私は押さないですね。他人だけじゃなく、自分の運命も大きく変わってしまう。それは今までの自分を否定するようなものなので」と慎重な姿勢。記者から「それは幸せだから?」と聞かれると、恥ずかしそうに「はい」と答えた。はしのは、昨年の元日に入籍。結婚が人生のなかで大きな“運命のボタン”だったといい、「結婚して、人間関係も考え方も倍になった。それに、家に帰って部屋が真っ暗じゃないのもいいですね」とニッコリ。子どもについては「年齢的にそろそろいっておきたい。でもこれも縁なので……」と語るにとどめた。

運命のボタン」のDVD&ブルーレイは、10月22日に発売。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi