ナゾかけ名人のねづっち、キャメロン・ディアスとかけて… : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月28日 > ナゾかけ名人のねづっち、キャメロン・ディアスとかけて…
メニュー

ナゾかけ名人のねづっち、キャメロン・ディアスとかけて…

2010年4月28日 20:12

絶好調のナゾかけを披露「運命のボタン」

絶好調のナゾかけを披露
[拡大画像]

[映画.com ニュース] キャメロン・ディアスがサスペンスに初主演する「運命のボタン」の公開記念イベントが4月28日、東京・スペースFS汐留で行われ、人気漫才コンビ「Wコロン」のねづっちと木曽さんちゅうが出席。数多くのナゾが散りばめられたストーリーにちなみ、自称ハイパーナゾかけクリエーターのねづっちが得意のナゾかけを披露した。

ドニー・ダーコ」の鬼才、リチャード・ケリー監督が、米人気SF作家リチャード・マシスンの短編小説「Button, Button(原題)」を映画化。「このボタンを押せば、100万ドル(約1億円)を受け取れるが、引き替えに世界のどこかで、見知らぬ誰かが死ぬ」という赤いボタンの入ったナゾの箱を手にしたノーマ(ディアス)とその夫が、迷いながらもボタンを押してしまい……という異色サスペンス。ねづっちは「道徳心が試される感じ」、木曽は「予想を覆す展開」とアピールした。

もし1億円もらえたら、ボタンを押すかと質問されると、「押しますね。芸人17年目で金のない生活はウンザリ! それに尽きる」(木曽)、「押さないです。お金のない生活は相方と同じですけど、逆に1億円手に入ったらおかしくなっちゃう。100万円なら躊躇(ちゅうちょ)なく押しますよ」(ねづっち)。

ねづっちは「キャメロン・ディアスとかけて、茶柱と解く。その心は演技(縁起)の良さにワクワクします」「運命とかけて、オリンピック4位と解く。その心はどう(銅)にもならない」など、次々とナゾかけを披露し、相変わらず絶好調。最後に「映画の大ヒットとかけて、お寺の長男と解く。その心はきっとそう(僧)なるでしょう」とヒットを祈願した。

運命のボタン」はショウゲート配給で5月8日より全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi