リンジー・ローハン、リハビリ施設直行に憤慨 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年8月3日 > リンジー・ローハン、リハビリ施設直行に憤慨
メニュー

リンジー・ローハン、リハビリ施設直行に憤慨

2010年8月3日 17:25

出所しても自由の身にはならず

出所しても自由の身にはならず
Photo:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 飲酒運転に伴う保護観察規定に違反し、米ロサンゼルスのリンウッドの刑務所に収監されていた女優リンジー・ローハンが8月2日(現地時間)、刑期を大幅に縮小され、わずか13日で出所。ローハンの関係者が米ピープル誌に伝えたところによれば、早期出所に喜ぶ間もなく、リハビリ施設直行を命じられたことに憤慨しているという。

収監中の態度の良さや、刑務所の慢性的な定員オーバーという事情が考慮されてのスピード出所となったが、ローハンには懲役後さらに90日間、リハビリ施設で薬物乱用に関する入院プログラムへの参加義務が課せられていた。このため出所後、家に帰る間もなく直接、UCLAメディカル・センターへ移送された。

同センターでローハンと面会した母ディナと妹アリから話を聞いた関係者は、「リンジーは、刑務所で行儀良く生活していたのだから、1日ぐらい家族と過ごす時間を持てるものと思っていたようです」と状況を説明している。さらにローハンは、今後3カ月間をリハビリ施設で暮らすという事実を受け入れられず、精神的に落ち込んでいるといい「彼女はこの期におよんでも、誰の助けもいらないと思っているようです」と語っている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi