リーアム・ニーソン、スピルバーグ監督「リンカーン」主役を降板 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年8月2日 > リーアム・ニーソン、スピルバーグ監督「リンカーン」主役を降板
メニュー

リーアム・ニーソン、スピルバーグ監督「リンカーン」主役を降板

2010年8月2日 11:34

リンカーンに似ていると評判のニーソン「リンカーン」

リンカーンに似ていると評判のニーソン
(C)2010 TWENTIETH CENTURY FOX
[拡大画像]

[映画.com ニュース] リーアム・ニーソンが、主演予定だったスティーブン・スピルバーグ監督によるエイブラハム・リンカーン第16代米大統領の伝記映画「リンカーン」から降板したことが分かった。

スピルバーグ監督の「シンドラーのリスト」(93)でアカデミー主演男優賞にノミネートされたニーソンは、この企画が立ち上がった当初の2005年からリンカーン役に決定していた。しかし、このほど英TV番組「GMTV」の取材に対して、「やる予定だったのは事実だが、リンカーン役からは降りた。もう、自分は賞味期限切れだよ」と明言。58歳のニーソンは、1865年に56歳で暗殺されたリンカーンを演じるには、自分は年を取りすぎたと考えているようだ。

複数の企画を抱えて多忙なスピルバーグ監督は、「リンカーン」を先送りにしているあいだに主演俳優を失ったことになる。同監督の次回作には、第1次世界大戦下のイギリスを舞台に、少年と馬の友情を描いたマイケル・モーパーゴの児童小説「ウォー・ホース(原題)」の映画化が決定している。なお、進行中のリンカーンを題材にした映画にはもう1本、ロバート・レッドフォード監督の「ザ・コンスピレーター(原題)」があり、こちらは9月に開催される第35回トロント国際映画祭でのプレミア上映が決定した。

ちなみに、威風堂々とした風貌のニーソンは大統領役にはうってつけのようで、「プレシャス」のリー・ダニエルズ監督の新作歴史映画「セルマ(原題)」では、リンドン・ジョンソン第36代米大統領に扮することになっている。ニーソンの最新作「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」は、8月20日より日本公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi