猛暑にこそ見たい!? 「汗まみれの映画」10本 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年8月2日 > 猛暑にこそ見たい!? 「汗まみれの映画」10本
メニュー

猛暑にこそ見たい!? 「汗まみれの映画」10本

2010年8月2日 11:34

鑑賞は涼しいところでどうぞ「地獄の黙示録」

鑑賞は涼しいところでどうぞ
Photo:AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ニューヨークを拠点にする映画評論家マット・ゾーラー・サイツが、「汗が印象的な」「汗まみれの」映画ベスト10を米文芸サイトSalon.comに発表した。

おりしも、7月に記録的な熱波に見舞われたアメリカ東海岸。サイツは、「汗ほど映画的なものはない」「もはや汗映画という一つのジャンルを形成するレベル」という主張のもと10本を選出。1位の「地獄の黙示録」に関しては、「映画史上最高の、汗に関する考察」だと書いている。

10本のうち、「ドゥ・ザ・ライト・シング」と「狼たちの午後」は、どちらも真夏のニューヨーク、ブルックリンが舞台。また、全体的に男の汗が多いなか、「エンゼル・ハート」と「白いドレスの女」は汗まみれの官能的なラブシーン(前者はミッキー・ロークとリサ・ボネット、後者はウィリアム・ハートキャスリーン・ターナー)が特に評価された。

映画評論家マット・ゾーラー・サイツによる汗まみれの映画ベスト10は以下の通り。

1.「地獄の黙示録」(79/フランシス・フォード・コッポラ監督)
2.「ドゥ・ザ・ライト・シング」(89/スパイク・リー監督)
3.「黒い罠」(58/オーソン・ウェルズ監督)
4.「エンゼル・ハート」(87/アラン・パーカー監督)
5.「暴力脱獄」(67/スチュアート・ローゼンバーグ監督)
6.「白いドレスの女」(81/ローレンス・カスダン監督)
7.「夜の大捜査線」(67/ノーマン・ジュイソン監督)
8.「エレメント・オブ・クライム」(84/ラース・フォン・トリアー監督)
9.「クリムゾン・タイド」(95/トニー・スコット監督)
10.「狼たちの午後」(75/シドニー・ルメット監督)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi