プレシャス
ホーム > 作品情報 > 映画「プレシャス」
メニュー

プレシャス

劇場公開日

解説

1987年のニューヨーク・ハーレムで、両親の虐待を受けながら希望のない日々を生きる黒人少女プレシャス。レイン先生に読み書きを習い、つたない文章で自分の心情を綴り始めたプレシャスは、ひたむきに人生の希望を見出していく。サファイアの小説「プッシュ」を、「チョコレート」で製作を務めたリー・ダニエルズが映画化。マライア・キャリー、レニー・クラビッツ、ポーラ・パットンらが出演。2009年のサンダンス映画祭でグランプリ、第82回アカデミー賞で助演女優賞と脚色賞を受賞した。

作品データ

原題 Precious
製作年 2009年
製作国 アメリカ
配給 ファントム・フィルム
上映時間 109分
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト  

受賞歴

第82回 アカデミー賞(2010年)

受賞
助演女優賞 モニーク
脚色賞 ジェフリー・フレッチャー
ノミネート
作品賞  
監督賞 リー・ダニエルズ
主演女優賞 ガボリー・シディベ
編集賞 ジョー・クロツ

第67回 ゴールデングローブ賞(2010年)

受賞
最優秀助演女優賞 モニーク
ノミネート
最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演女優賞(ドラマ) ガボリー・シディベ

第62回 カンヌ国際映画祭(2009年)

出品
ある視点部門
出品作品 リー・ダニエルズ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

牢獄だった肉体が豊かな沈黙体に。引き技と引き技の融合が眼を奪う
プレシャスの映画評論・批評

「プレシャス」の主人公プレシャス(ガボリー・シディベ)は異様に太っている。プレシャスは読み書きができない。プレシャスは実父にレイプされて2度も妊娠した。プレシャスは実母に激しく憎まれている。反則か、と私は思わずつぶやいた。これだけ負の...プレシャスの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全39件)
  • 衝撃は強いけど、いい映画。 両親から虐待されて育って、1番大事な子供時代をあんなふうに過ごしたとしたら、、、 日本にもそんな滅茶苦茶な家庭存在するのだろうか。 そんな最悪な環境で生きていても、たまに出てくるプレシャスの願望... ...続きを読む

    桜子 桜子さん  2017年4月9日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 未来は光に満ちている 周りに居るようなリアルなテーマ。 重い内容だが所々コミカルな空気もあり見やすい。 先生という光に触れ、仲間たちと触れ合う温もりを知り、希望を手にした事で、今を生きるだけの生活から自らが望む未来を... ...続きを読む

    yuitos yuitosさん  2017年3月21日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • なんだか私には壮絶な映画でした 両親から虐待をうけなんの希望も持てない少女が先生との出会いで読み書きをおぼえて自分の心情を綴る ホームレス街のハーレムに住み父親からレイプされ父親の子供を2人も産む 母親からは父親を取られたとい... ...続きを読む

    mami mamiさん  2017年3月18日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

プレシャス プレシャス プレシャス プレシャス
プレシャス プレシャス プレシャス プレシャス
2015年11月15日 2016年12月26日 2016年11月16日 2016年8月8日
¥300 ¥300 ¥650 ¥300
Amazonビデオ Google Play Netflix U-NEXT
1ヵ月無料 ※600円分無料

他のユーザーは「プレシャス」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi