プレシャス
ホーム > 作品情報 > 映画「プレシャス」
メニュー

プレシャス

劇場公開日

解説

1987年のニューヨーク・ハーレムで、両親の虐待を受けながら希望のない日々を生きる黒人少女プレシャス。レイン先生に読み書きを習い、つたない文章で自分の心情を綴り始めたプレシャスは、ひたむきに人生の希望を見出していく。サファイアの小説「プッシュ」を、「チョコレート」で製作を務めたリー・ダニエルズが映画化。マライア・キャリー、レニー・クラビッツ、ポーラ・パットンらが出演。2009年のサンダンス映画祭でグランプリ、第82回アカデミー賞で助演女優賞と脚色賞を受賞した。

作品データ

原題 Precious
製作年 2009年
製作国 アメリカ
配給 ファントム・フィルム
上映時間 109分
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト  

受賞歴

第82回 アカデミー賞(2010年)

受賞
助演女優賞 モニーク
脚色賞 ジェフリー・フレッチャー
ノミネート
作品賞  
監督賞 リー・ダニエルズ
主演女優賞 ガボリー・シディベ
編集賞 ジョー・クロツ

第67回 ゴールデングローブ賞(2010年)

受賞
最優秀助演女優賞 モニーク
ノミネート
最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演女優賞(ドラマ) ガボリー・シディベ

第62回 カンヌ国際映画祭(2009年)

出品
ある視点部門
出品作品 リー・ダニエルズ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

牢獄だった肉体が豊かな沈黙体に。引き技と引き技の融合が眼を奪う
プレシャスの映画評論・批評

「プレシャス」の主人公プレシャス(ガボリー・シディベ)は異様に太っている。プレシャスは読み書きができない。プレシャスは実父にレイプされて2度も妊娠した。プレシャスは実母に激しく憎まれている。反則か、と私は思わずつぶやいた。これだけ負の...プレシャスの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全33件)
  • Is she really precious for her brutal mother ? ネタバレ! I don't know what to say about this film but this is a brilliant film anyway . Precious , who is ... ...続きを読む

    Bond Showgo Bond Showgoさん  2016年8月9日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 子供は親の「モノ」じゃない。 最後迄しんどい映画だった…けれど、今もどこかで誰かに(この映画同様の現実が)起きている事なのかもしれない…またしても、どんより。 主人公は親以外にも、酷い仕打ちを受けますが、やっと帰った家で待っ... ...続きを読む

    おりこう おりこうさん  2016年5月25日  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • 打たれ強すぎて共感できず 狂った母の嫉妬にも、数々の不運にも負けず、前を向いて進む主人公。 にもかかわらず、いまいち勇気づけられなかったのは、 使命感とか本能以外で、彼女が不幸に耐え続けるだけの理由をあまり感じ取れなかっ... ...続きを読む

    もりり もりりさん  2016年5月21日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

プレシャス プレシャス プレシャス
プレシャス プレシャス プレシャス
2015年4月10日 2016年1月23日 2016年8月8日
¥500 ¥300 ¥300
ビデオマーケット ShowTime U-NEXT
※プレミアムコースの場合 ※600円分無料

他のユーザーは「プレシャス」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi