TSUTAYA全店で映画通が選ぶ「発掘作品」展開 面白くなければ返金も : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年7月22日 > TSUTAYA全店で映画通が選ぶ「発掘作品」展開 面白くなければ返金も
メニュー

TSUTAYA全店で映画通が選ぶ「発掘作品」展開 面白くなければ返金も

2010年7月22日 11:32

埋もれた名作に光を当てる「ジャガーノート」

埋もれた名作に光を当てる
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 音楽・映像ソフトのレンタル店「TSUTAYA」を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブは、1960~90年代前後に公開された映画の中から、「知る人ぞ知る面白い作品」を発掘して提案する「TSUTAYA発掘良品」コーナーを、全国1394店舗のレンタル売場で7月23日から開始する。映像メーカー各社と連携して見つけ出した「面白い作品」「優れた作品」を、TSUTAYA全店で新作と同様の在庫数、品ぞろえで展開していく。

映画の知識が豊富な社内外の人物をピックアップし、「100人の映画通」を結成。現代の視点から作品を見て議論し、TSUTAYA onlineをはじめとするサイト内でのユーザー評価をもとに、出演俳優の有名、無名などを問わず選定していく。

サスペンスアクション大作「ジャガーノート」(74)など、今回初めてDVDレンタル許諾を得た作品を含め、全体を8つのテーマに分類。「何度観ても面白い!100人の映画通の評価が一致した珠玉のこの1本」を1タイトルと、その他の7つのテーマのベスト3という形で計22タイトルをそろえる。

第1弾作品の「珠玉の1本」に選ばれた「ジャガーノート」については、面白くなかった場合にレンタル料金を返金するキャンペーンも実施。レビュー投稿者全員にTポイントのプレゼントなども行われる。詳細は「TSUTAYA発掘良品」特設サイト(http://tsutaya.jp/t-hr_o/)へ。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi