TOHOシネマズ、デジタル上映システムの導入を加速化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年7月22日 > TOHOシネマズ、デジタル上映システムの導入を加速化
メニュー

TOHOシネマズ、デジタル上映システムの導入を加速化

2010年7月22日 11:32

[映画.com ニュース] シネマコンプレックス大手のTOHOシネマズは、大ヒット作が続く3D作品の増加や、今後の映画興行のオールデジタル化へ対応するため、ソニーの「デジタルシネマ・ソリューションサービス」を採用すると発表した。

同サービスは、デジタルシネマプロジェクター、上映サーバーといったデジタル上映システムと、それらをネットワーク化し上映オペレーション・コンテンツを一元管理するシアターマネージメントシステム(TMS)と、センターサーバーシステムを劇場側に提供。映画館のデジタル化を包括的に支援するサービスになっている。

TOHOシネマズは、これまでも自己所有する形でデジタル上映システムを導入してきたが、より迅速かつ低コストでシネコンのデジタル化を実現できることから、同サービスの採用を決定した。

現在、TOHOシネマズでは全国の108スクリーンでデジタル上映システムを導入済み。2010年中にはさらに150スクリーンにデジタル上映システムを導入。同時に60台の3D機器を増設し、全部で157のスクリーン(全体の約30%)で3D作品の上映に対応する。11年12月までには、全545スクリーンへのデジタル上映システム設置完了を目指すとしている(一部共同経営館を除く)。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi