レオ様&渡辺謙、ノーラン監督に最敬礼 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年7月21日 > レオ様&渡辺謙、ノーラン監督に最敬礼
メニュー

レオ様&渡辺謙、ノーラン監督に最敬礼

2010年7月21日 12:27

脳を刺激するエキサイティングな新作!「インセプション」

脳を刺激するエキサイティングな新作!
[拡大画像]

「映画.com ニュース」 クリストファー・ノーラン監督の最新作「インセプション」の来日会見が7月21日、都内のホテルで行われ、ノーラン監督は主演のレオナルド・ディカプリオ渡辺謙、プロデューサーのエマ・トーマスとともに出席した。

同作は、他人の夢に入り込み、頭の中に眠るアイデアを盗む犯罪チームのリーダー、コブ(ディカプリオ)が陥る危機を描くSFサスペンスアクション。世界6カ国で行われた撮影は2009年6月に東京でスタートしただけに、ディカプリオは「脳を刺激するシュールかつ、ハリウッド的スペクタクルが詰まった作品を日本の皆さんに持ってこられてエキサイティングだ。日本の方々は、新しい発想にオープンだからね」とご機嫌だ。

渡辺は、ディカプリオ扮するコブに強制的に仕事を依頼する巨大企業の重役サイトー役で、物語のカギを握る重要な役どころを演じた。仏パリ以外の5カ国での撮影に臨んだそうで、「クリス(トファー・ノーラン監督)からは、ジェームズ・ボンドみたいにやってほしいと言われ、イメージしづらかった。クリスは“007”の大ファンなのですが、残念ながら脚本にボンドガールは用意されていなかった」とジョークを織り交ぜながら盛り上げた。それでも、「撮影の6割くらいは手持ちのカメラで撮った非常にアナログな作品。非常に緻密に計算して組み立てないと、半年では不可能なのです。文学的、科学的、建築学的にも、本当に頭の中はどうなっているんだろう? 彼は(レオナルド・)ダ・ヴィンチの再来ではないか」と語った。

ディカプリオも、「確固としたビジョンをもった監督。自信が一切揺るがなかったし、『メメント』的な要素と『ダークナイト』的な要素を合わせた、ハイブリッドな作品に仕上がった。これは、クリスの集大成的な作品になったのではないか」と最敬礼。ノーラン監督は、顔を赤らめ照れ笑いを浮かべていたが「『ダークナイト』の大成功が、状況的に非常に助けられた。配給のワーナーが私を支持してくれたし、やはりあとは人間が重要だった。レオや謙さん、ほかの素晴らしいキャストが集まってくれたからこそ『これはいけるんじゃないか』と思えるようになったんだと思う」と出演者を称えていた。

インセプション」は、7月23日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi