渡辺謙、帰国直後に舞台挨拶へ「間に合ってよかった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年7月15日 > 渡辺謙、帰国直後に舞台挨拶へ「間に合ってよかった」
メニュー

渡辺謙、帰国直後に舞台挨拶へ「間に合ってよかった」

2010年7月15日 20:09

何も知らされていないファンは大喜び「インセプション」

何も知らされていないファンは大喜び
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 渡辺謙が7月15日、都内で行われた出演最新作「インセプション」の特別試写会にサプライズで登場し、大興奮のファン約5000人を前に舞台挨拶を行った。渡辺は、この日の夕方に米ロサンゼルスから帰国したばかり。笑みを浮かべながら「間に合ってよかった」と話す姿に、場内は拍手喝さいだった。

渡辺は、7月8日の英ロンドンプレミア、10日の仏パリプレミアの欧州ツアーに続き、13日の米ロサンゼルスプレミアに出席したばかり。主演のレオナルド・ディカプリオが「日本で国宝になるべきだ」と絶賛したことを報じられたが、当の本人は「レオがそう言ってくれたのはありがたい。でも、マリオン・コティヤールエレン・ペイジジョセフ・ゴードン=レビット、トム・ハーディら次のハリウッドを担う素晴らしい若手俳優が結集した映画なんです」と共演陣を称えた。

バットマン・ビギンズ」以来2度目のタッグとなる、クリストファー・ノーラン監督については「ノーランのイマジネーションは想像を絶するところがある。毎日、毎回、驚かされた」と最敬礼。グリーンバックでの撮影は一切なかったそうで、「CGでパパッとすることをしない人。だから、移動も大変だったけれど、いろいろなことを体感する現場でした」と振り返った。

固唾(かたず)をのんで見守るファンには、「皆さんの脳内はとても活性化されると思う。この映画をどんな風に体感したかを、多くの人に伝えてもらいたい」と訴えた。渡辺は、19日に来日するディカプリオ、ノーラン監督とともに20日に都内で行われるジャパンプレミアに出席する。

インセプション」は7月17~19日に先行上映。24日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi