映画館でアトラクションの楽しさを体験できる3Dアニメが今秋公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月16日 > 映画館でアトラクションの楽しさを体験できる3Dアニメが今秋公開
メニュー

映画館でアトラクションの楽しさを体験できる3Dアニメが今秋公開

2010年4月16日 11:29

アトラクション感覚の3Dアニメ「怪盗グルーの月泥棒 3D」

アトラクション感覚の3Dアニメ
(C) 2009 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ユニバーサル・スタジオが初めて手がける3Dアニメーション「怪盗グルーの月泥棒 3D」(原題「Despicable Me」/7月9日全米公開)が今秋、日本公開されることが決定した。

同作は、数々のアニメキャラクターやアトラクションを生み出してきたユニバーサル・スタジオと、「アイス・エイジ」シリーズのプロデューサー、クリス・メレダンドリがタッグを組んで送り出す3Dアニメ。月を盗もうと企てる意地悪で嫌味な怪盗グルーが、ひょんなことから幼い孤児の3姉妹を救い、懐かれてしまったことから大きく人生が変わっていく姿を描いたハートフルアドベンチャーだ。

アバター」の大ヒットから3D映画が続々と誕生するなか、同作が目指すのは、すべての世代の人が楽しめる“アトラクション3D”の楽しさと、“人とのきずなの大切さ”を描いた感動を合体させること。ジェットコースターに乗ったような体験ができるシーンや、奇想天外なアイテムの数々を駆使する主人公グルーが、“なんでも大きさを変えられる銃”で月を大きくしたり小さくしたりするシーン、ミサイルが飛んだり追ったりするシーンなどを、最新の3D技術を駆使して表現。実際の遊園地やテーマパークでは、ジェットコースターなど、身長制限や年齢制限で小さな子どもたちが楽しむことができないアトラクションもあるが、同作はそれに代わり、あらゆる世代の観客がテーマパークのアトラクションを楽しんでいるかのような体験ができるという。

監督は、これまで主に短編アニメやCGコマーシャルを手がけてきたピエール・コフィンと、「ロボッツ」「アイス・エイジ2」などでストーリー・アーティストとして活躍したクリス・ルノーが務める。

怪盗グルーの月泥棒 3D」は東宝東和配給で今秋、TOHOシネマズ有楽座ほかにて全国公開。4月17日から公開の「アリス・イン・ワンダーランド」の3D版上映にあわせて特報映像が上映される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi