「キャプテン・アメリカ」のヒロインに英新進女優が抜てき : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月16日 > 「キャプテン・アメリカ」のヒロインに英新進女優が抜てき
メニュー

「キャプテン・アメリカ」のヒロインに英新進女優が抜てき

2010年4月16日 11:29

アトウェルが「キャプテン・アメリカ」の ヒロインに「ウディ・アレンの夢と犯罪」

アトウェルが「キャプテン・アメリカ」の
ヒロインに
Photo:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] マーベルコミックを実写映画化する「キャプテン・アメリカ:ファースト・アベンジャー(原題)」のヒロイン、ペギー・カーター役に英女優ヘイリー・アトウェルの出演が決定。マーベル・スタジオが4月14日、正式に発表した。

ペギーは、同作の主人公であるキャプテン・アメリカの恋人となるキャラクター。すでにキャプテン・アメリカ役にはクリス・エバンスが、相棒バッキー・バーンズ役にはセバスチャン・スタンが決定している。なお、同作はこれまで「ファースト・アベンジャー:キャプテン・アメリカ」と表記されていたが、今回のマーベルのプレスリリースでは順番が逆になっている。

アトウェルは、英ロンドン出身の28歳。英国のTVドラマからキャリアをスタートさせ、近年では「ウディ・アレンの夢と犯罪」(07)、「情愛と友情」(08/日本劇場未公開)、「ある公爵夫人の生涯」(08)といった映画への出演で注目を集めている。

ウルフマン」のジョー・ジョンストン監督がメガホンをとり、今夏ヨーロッパでクランクイン。2011年7月22日の全米公開が決定している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi