ポール・グリーングラス監督が傑作SF「ミクロの決死圏」を3Dリメイク : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月1日 > ポール・グリーングラス監督が傑作SF「ミクロの決死圏」を3Dリメイク
メニュー

ポール・グリーングラス監督が傑作SF「ミクロの決死圏」を3Dリメイク

2010年4月1日 17:03

手持ちカメラで内蔵を撮影?「ミクロの決死圏」

手持ちカメラで内蔵を撮影?
Photo:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 20世紀フォックスがかねてから企画している66年のSF映画「ミクロの決死圏」のリメイクで、「ボーン・アルティメイタム」のポール・グリーングラス監督がメガホンをとる可能性が出てきた。米ハリウッド・レポーター誌ブログ版が報じた。

ミクロの決死圏」は、脳内出血を起こした要人を救うため、ミクロサイズに縮小された5人の科学者が特殊潜航艇に乗り込んでその体内に入り、体内から疾患を治療しようとするSFアドベンチャーの傑作。オリジナル版ではリチャード・フライシャー監督がメガホンをとった。

リメイク版では、ジェームズ・キャメロン監督の製作会社ライトストーム・エンターテインメントがプロデュースを手がけ、3Dで撮影されることが決定している。リメイク版の監督候補として、ローランド・エメリッヒターセム・シンの名前が挙がったこともある。

なお、グリーングラス監督がマット・デイモンとタッグを組んだ最新作「グリーン・ゾーン」は、5月14日より日本公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi