「シカゴ7裁判」の監督は、スピルバーグからグリーングラスへ? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年8月13日 > 「シカゴ7裁判」の監督は、スピルバーグからグリーングラスへ?
メニュー

「シカゴ7裁判」の監督は、スピルバーグからグリーングラスへ?

2008年8月13日 12:00

[映画.com ニュース] 「ミュンヘン」のスティーブン・スピルバーグ監督が、サシャ・バロン・コーエンウィル・スミスケビン・スペイシーフィリップ・シーモア・ホフマンという豪華キャストで映画化するはずだった政治映画「シカゴ7裁判(The Trial of the Chicago 7)」から、どうやらスピルバーグが降りたようだ。

彼の長年の右腕であるドリームワークス社プロデューサー、ウォルター・パークスが米映画サイトMovieWebに対して明かしたもので、素晴らしい脚本(「ザ・ホワイトハウス」のアーロン・ソーキン)を得たものの、この先、全米俳優組合(SAG)がストライキに突入する懸念があるため、同作の製作を無期限に見送ると語った。しかし最大の理由は、スピルバーグが20年来夢を見てきたというコミックの3D実写化企画「タンタン」や、もう1つの念願だったリンカーン大統領の伝記映画「リンカーン」に専念したいためだという。

「シカゴ7裁判」とは、1968年8月にシカゴで行われた米民主党全国大会でベトナム反戦デモを行い、逮捕・起訴された7人を描く政治ドラマだが、この企画自体がボツになったわけではないらしい。米映画ニュースサイトFilm School Rejectsは、「ユナイテッド93」「ボーン・アルティメイタム」のポール・グリーングラス監督が監督の座を引き継ぎ、米バラエティなど業界誌から来週にも発表があるだろうと大胆予測した。

グリーングラス監督は、マット・デイモン主演のスパイスリラー「グリーン・ゾーン」(脚本ブライアン・ヘルゲランド、09年公開)をつい最近クランクアップさせたばかりで、来年には「ボーン」シリーズ第4作をユニバーサルにおいて映画化するのみであり、スケジュール的には何ら問題ないというのだ。手ぶれカメラによるスリリングな撮影術に定評があるドキュメンタリー映画出身の監督だけに、もし実現したら映画史的な事件になる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi