レオナルド・ディカプリオ、イーストウッド監督作でフーバー初代FBI長官に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月1日 > レオナルド・ディカプリオ、イーストウッド監督作でフーバー初代FBI長官に
メニュー

レオナルド・ディカプリオ、イーストウッド監督作でフーバー初代FBI長官に

2010年4月1日 17:03

オスカー取れるかな?「ミルク」

オスカー取れるかな?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] レオナルド・ディカプリオが、初めてクリント・イーストウッド監督とタッグを組むことになりそうだ。米Deadline Hollywoodによると、同監督が次回作として準備中の伝記映画の主人公、米連邦捜査局(FBI)の初代長官J・エドガー・フーバー役でディカプリオが出演交渉に入っているという。

FBI長官として50年にわたって権勢をふるい、「影の大統領」とまで言われたフーバーは、FBIの基礎を固めたことで評価される一方で、その権限を悪用して敵対する人間を迫害、恐喝したとして悪評の多い人物。映画のなかでは敵役として描かれることが多い。

またフーバーは、同性愛者で女装癖があったとも言われている。本作では「ミルク」のアカデミー賞脚本家で、ゲイであることをカミングアウトしているダスティン・ランス・ブラックが脚本を手がけることから、そのあたりに焦点が当てられる可能性もあり、いずれにしても、俳優ディカプリオにとっては野心的な挑戦となりそうだ。

同作は、イーストウッド監督とブライアン・グレーザーがプロデュースを務め、今年後半のクランクインを目指している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi