第63回カンヌ映画祭オープニング作品にR・スコット監督「ロビン・フッド」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月29日 > 第63回カンヌ映画祭オープニング作品にR・スコット監督「ロビン・フッド」
メニュー

第63回カンヌ映画祭オープニング作品にR・スコット監督「ロビン・フッド」

2010年3月29日 11:53

スコット監督×クロウ主演の最新作「ロビン・フッド」

スコット監督×クロウ主演の最新作
Photo:Everett Collection/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 5月に開催される世界最大の映画祭、第63回カンヌ国際映画祭のオープニング作品に、リドリー・スコット監督の最新作「ロビン・フッド」が決定した。同映画祭事務局が3月26日に発表した。

アクション大作「ロビン・フッド」には、タイトルロールの中世イングランドの伝説の義賊役でラッセル・クロウが主演するほか、恋人のメイド・マリオン役のケイト・ブランシェットマックス・フォン・シドーウィリアム・ハートらが出演。5月12日にカンヌ映画祭コンペ外作品としてワールドプレミア上映、5月14日から全世界で公開される(日本公開は今秋を予定)。

スコット監督は77年の長編監督デビュー作「デュエリスト 決闘者」がカンヌ国際映画祭新人監督賞を受賞。91年には「テルマ&ルイーズ」が同コンペティション部門に出品された。

第63回カンヌ国際映画祭は5月12日から23日まで開催。今年の審査委員長にはティム・バートン監督が決定している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi