ペネロペ・クルスが、女嫌いラース・フォン・トリアー監督新作のヒロインに? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年2月12日 > ペネロペ・クルスが、女嫌いラース・フォン・トリアー監督新作のヒロインに?
メニュー

ペネロペ・クルスが、女嫌いラース・フォン・トリアー監督新作のヒロインに?

2010年2月12日 11:51

どぎつい描写の多いトリアー監督からのご指名?「抱擁のかけら」

どぎつい描写の多いトリアー監督からのご指名?
Photo:Retna UK/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ペネロペ・クルスが、デンマーク映画界の奇才ラース・フォン・トリアー監督の新しいヒロインになるかもしれない。

米映画サイトThe Playlistが、トリアー監督がデンマークのTV番組で語った話として報じたところによると、新作「メランコリア(原題)」は同監督が最初からクルスを想定して脚本を書いたもので、実際にクルスが主演するという。

同作についてはサイコロジカル・ディザスター映画だということ以外ほとんど分かっていないが、SF要素のある心理劇になるようだ。今年後半にドイツとスウェーデンで撮影を行い、2011年カンヌ映画祭への出品を目指している。

クルスといえば、最新作「抱擁のかけら」(公開中)含め4度コンビを組んだ同郷スペインのペドロ・アルモドバル監督のミューズとして知られる。女性を敬愛してやまないアルモドバル監督と違って、トリアー監督は女嫌いと称され、ビョーク、ニコール・キッドマンエミリー・ワトソンシャルロット・ゲンズブールら過去の主演女優たちを精神的に相当痛めつけたとも言われている。クルスとの異色の組み合わせに注目したい。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi