クリストファー・ノーラン監督が、迷走する「スーパーマン」シリーズの指南役に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年2月12日 > クリストファー・ノーラン監督が、迷走する「スーパーマン」シリーズの指南役に
メニュー

クリストファー・ノーラン監督が、迷走する「スーパーマン」シリーズの指南役に

2010年2月12日 11:51

“神”ノーランの助言が吉とでるか?「スーパーマン」

“神”ノーランの助言が吉とでるか?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン監督が、中断したままになっているワーナー・ブラザースの「スーパーマン」シリーズを立て直すための“メンター”に就任することが明らかになった。

スーパーマンとバットマンといえば、DCコミックの二枚看板的存在だが、ともにワーナーが手がける映画のうえでは明暗を分けている。スーパーマンのほうは、約20年ぶりにシリーズを復活させた「スーパーマン・リターンズ」(06)が批評・興行ともに振るわず、その後の動きが停滞することになった。

一方、ノーラン監督が手がけた「バットマン・ビギンズ」(05)と「ダークナイト」(08)は記録的な大成功をおさめ、今回のニュースをスクープした米Deadline Hollywoodの敏腕ジャーナリスト、ニッキ・フィンケをして「ワーナー・ブラザースにとってノーランは神にも等しい存在」と言わしめるほど。今や「スーパーマン」シリーズの方向性を見失ってしまったワーナーとDCエンターテインメントは、ノーラン監督の助言をもとにシリーズの立て直しをはかるしかないといったところのようだ。

ただし、ノーラン監督が「スーパーマン」の新作でメガホンをとる可能性は低く、あくまでも“ゴッドファーザー”的役割に留まるだろうとのこと。また、前作「スーパーマン・リターンズ」のブライアン・シンガー監督と主演のブランドン・ラウスの復帰の線もなくはないようだが、少なくとも新作の内容は「スーパーマン・リターンズ」の続編ではなく、まったく新しいシリーズの始まりということになりそうだ。

ノーラン監督最新作「インセプション」は、7月日米同時公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi