奇才ラース・フォン・トリアー、「もうハッピーエンドの映画は撮らない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月15日 > 奇才ラース・フォン・トリアー、「もうハッピーエンドの映画は撮らない」
メニュー

奇才ラース・フォン・トリアー、「もうハッピーエンドの映画は撮らない」

2009年10月15日 18:27

またまた物議をかもす作品に?

またまた物議をかもす作品に?
Photo:Rex Features/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今年のカンヌ映画祭でセンセーションを巻き起こした「アンチクライスト(原題)」に続き、デンマーク映画界の奇才ラース・フォン・トリアー監督の次回作が、サイコロジカル・ディザスター映画「プラネット・メランコリア(原題)」に決まった。

SF映画やディザスター(パニック)映画へのトリアー監督ならではの斬新なアプローチが期待される。トリアー監督の脚本による英語の映画という以外、内容の詳細は明らかにされていないが、ドイツで行われた記者発表の席では、「もうハッピーエンドの映画は撮らないよ」と、きついジョークも飛び出したようだ。

来夏、ドイツとスウェーデンで撮影を行い、2011年のカンヌ映画祭への出品を目指すという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi