ジェームズ・フランコが「スラムドッグ」ボイル監督新作の登山家役に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月12日 > ジェームズ・フランコが「スラムドッグ」ボイル監督新作の登山家役に
メニュー

ジェームズ・フランコが「スラムドッグ」ボイル監督新作の登山家役に

2010年1月12日 12:01

「ミルク」のように、 シリアス演技もお手の物「スラムドッグ$ミリオネア」

「ミルク」のように、
シリアス演技もお手の物
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「スラムドッグ$ミリオネア」でオスカーを受賞したダニー・ボイル監督が、次回作のアメリカ人登山家アーロン・ラルストンの実話ドラマ「127時間(原題)」の主演俳優を、「スパイダーマン」「ミルク」のジェームズ・フランコに決定したという。米バラエティ誌が伝えた。

登山家ラルストンは、03年5月にユタ州のブルージョン・キャニオンを登山中、岩の割れ目で落下してきた岩に右腕を挟まれて身動きがとれなくなり、小型ナイフで自らの右腕を切り落とし、6日後にヘリで移送されて奇跡の生還を果たした人物。日差しも届かない地点で5日間あまり(127時間)、低体温と脱水症状に苦しんだ彼は、自分の尿を飲みながら生き延びたという過酷なサバイバル体験が描かれる。

この企画は、20世紀フォックス傘下のインディペンデント系スタジオ、フォックス・サーチライトと3年間の専属契約を結んだボイル監督の第1弾作品。現在は、同監督が「スラムドッグ」の脚本家サイモン・ボーフォイと共同で脚本を執筆中で、撮影は今年3月、ユタ州で開始される。

なお、フランコが決まった主役ラルストン役には、ライアン・ゴズリング(「きみに読む物語」「ラースと、その彼女」)や、キリアン・マーフィ(「28日後...」「バットマン・ビギンズ」)が候補者として名前が挙げられていた。

フランコの公開待機作には、女流作家エリザベス・ギルバートの自伝的旅行小説の映画化企画で、ジュリア・ロバーツ共演の「Eat, Pray, Love」(ライアン・マーフィ監督)、1950年代ビートニク全盛期の詩人アレン・ギンズバーグを演じるドキュメンタリー映画作家ロブ・エプスタインジェフリー・フリードマン(「セルロイド・クローゼット」)による「ハウル」がある。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi