「スラムドッグ」ダニー・ボイル監督が、再びインドで映画製作へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年6月8日 > 「スラムドッグ」ダニー・ボイル監督が、再びインドで映画製作へ
メニュー

「スラムドッグ」ダニー・ボイル監督が、再びインドで映画製作へ

2009年6月8日 12:00

「スラムドッグ」でインドに魅せられた?「スラムドッグ$ミリオネア」

「スラムドッグ」でインドに魅せられた?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] インドのムンバイ(旧称ボンベイ)を舞台にした「スラムドッグ$ミリオネア」でアカデミー作品賞と監督賞を含む8部門を制覇したダニー・ボイル監督が、同じくムンバイを題材にしたノンフィクション「Maximum City: Bombay Lost and Found」の映画化権を獲得したと英タイムズ紙が報じた。

同書は、インド生まれで現ニューヨーク在住のジャーナリストで作家のスケツ・メータの自伝であり、トラベローグでもありといった趣きの本。ムンバイのスラムの住人たち、踊り子、暗黒街のドン、ヒンズー過激派らの世界を描き出し、「スラムドッグ」の撮影でムンバイ入りしたボイル監督のバイブルになっていたという。

すでにボイル監督は、今年1月の「スラムドッグ$ミリオネア」インドプレミアの際に、再びインドで映画を製作したい意向を示しているが、複数の企画があるとのことで、本書に関してはあくまでもまだ映画化権を取得したという段階のようだ。

なお、「スラムドッグ$ミリオネア」も、インド人作家ビカス・スワラップの「ぼくと1ルピーの神様」を映画化したもの。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi