仏ヌーベルバーグの長兄、エリック・ロメール監督死去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月12日 > 仏ヌーベルバーグの長兄、エリック・ロメール監督死去
メニュー

仏ヌーベルバーグの長兄、エリック・ロメール監督死去

2010年1月12日 14:16

日本にもファンの多い仏映画界の巨匠「緑の光線」

日本にもファンの多い仏映画界の巨匠
Photo:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「緑の光線」「満月の夜」などで知られ、仏ヌーベルバーグの長兄的存在だったフランス映画界の巨匠エリック・ロメール監督が1月11日、パリの病院で死去した。89歳だった。死因は明らかにされていないが、1週間前から入院中だった。

風刺とウィットに富んだみずみずしいタッチで男女のドラマを描き続けたロメール監督は、日本でも80年代のミニシアターブーム以降、アート系の映画監督として特に高い人気を誇っていた。

1920年4月4日、本名ジャン=マリー・モーリス・シェレールとして仏ナンシーに生まれる。教師、小説家を経て1950年代から映画評論を執筆。映画批評誌「カイエ・デュ・シネマ」の創刊に参加し、56年から63年まで同誌の編集長を務めた。その後、「獅子座」(59)で長編映画監督デビュー。ジャン=リュック・ゴダール、フランソワ・トリュフォージャック・リベットクロード・シャブロルらとともにフランスの映画運動ヌーベルバーグを牽引する存在となった。

代表作に、「コレクションする女」(66)、「モード家の一夜」(68)、「クレールの膝」(70)等の「六つの教訓」シリーズ、25歳で急逝したパスカル・オジェがベネチア国際映画祭主演女優賞を受賞した「満月の夜」(84)、ベネチア国際映画祭金獅子賞を獲得した「緑の光線」(86)、「春のソナタ」(89)、「冬物語」(92)の「四季の物語」シリーズなど。07年の「我が至上の愛/アストレとセラドン」が遺作となった。

エリック・ロメール コレクション 友だちの恋人[DVD] エリック・ロメール コレクション 友だちの恋人[DVD] 最安価格: ¥4,044 エリック・ロメールが手掛ける連作「喜劇と格言劇集」第6作。
恋の秋[DVD] 恋の秋[DVD] 最安価格: - 1998年ヴェネツィア国際映画祭最優秀脚本賞受賞作品。監督:エリック・ロメール

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi