ケイト・ボスワース、新作の舞台は東京のラブホテル! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月11日 > ケイト・ボスワース、新作の舞台は東京のラブホテル!
メニュー

ケイト・ボスワース、新作の舞台は東京のラブホテル!

2009年12月11日 18:30

ボスワース新作はラブホが舞台「ブルークラッシュ」

ボスワース新作はラブホが舞台
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ブルークラッシュ」「ラスベガスをぶっつぶせ」の美人女優ケイト・ボスワースが、東京を舞台にした新作映画のプロデュースと主演を兼ねることになった。

米ハリウッド・レポーター誌によると、同作はカナダ出身の女性作家キャサリン・ハンラハンのベストセラー小説「Lost Girls and Love Hotels」の映画化で、同作が出版された06年にボスワースが自ら映画化権を取得していたもの。

主人公は、つらい過去から逃れるように東京にやってきた20代のカナダ人女性マーガレット。フライトアテンダントのための英会話講師を仕事にしながら、夜になるとセックスとドラッグに溺れる日々を送る彼女が、行方不明になった1人の西洋人女性と、カズという名の謎めいたヤクザと関わりを持つようになるというストーリー。

レオナルド・ディカプリオ製作・出演の環境ドキュメンタリー「The 11th Hour」で監督・脚本を務めたナディア・コナーズが脚色にあたり、「ヴィクトリア女王/世紀の愛」(12月26日公開)のジャン=マルク・バレ監督がメガホンをとる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi