サム・ペキンパー監督の問題作「わらの犬」リメイク版のキャストが決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年7月17日 > サム・ペキンパー監督の問題作「わらの犬」リメイク版のキャストが決定!
メニュー

サム・ペキンパー監督の問題作「わらの犬」リメイク版のキャストが決定!

2009年7月17日 12:00

[映画.com ニュース] バイオレンスの巨匠、サム・ペキンパー監督の71年の傑作「わらの犬」のリメイク版が進行中だ。

ザ・コンテンダー」のロッド・ルーリー監督がリメイクするもので、8月の撮影開始を前に、すでに発表されていた主演のジェームズ・マースデン(「魔法にかけられて」)に加えて、ケイト・ボスワース(「ラスベガスをぶっつぶせ」)とアレクサンダー・スカースガード(「マンマ・ミーア!」のステラン・スカースガードの息子)の出演が決まったと米バラエティ誌が報じた。

オリジナル版では、ダスティン・ホフマン扮する若き数学者デビッドとその妻(スーザン・ジョージ)が、暴力が横行するアメリカを逃れ、静けさを求めて妻の故郷であるイギリスの田舎町に引っ越す。しかし、そこも安住の地にはほど遠く、村人たちからさまざまな嫌がらせを受けることになり、やがて平和主義を標榜していた気弱なデビッドが自らの内に潜む暴力性に目覚めていくというストーリー。71年の公開当時、その過激な内容が一大センセーションを巻き起こした。

リメイク版では、ハリウッドの脚本家(マースデン)と女優の妻(ボスワース)が、妻の故郷のミシシッピ州に引っ越すという設定になっている。スカースガードは、ボスワースの高校時代の恋人を演じる。かつては花形フットボール選手だったが、今では田舎でくすぶっており、里帰りしたボスワースに接触してかつての栄光を取り戻そうとするという設定で、おそらくこの人物が何かしらの不穏の種となりそうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi