「バーバレラ」リメイク企画は生きていた!監督を変えて続行か? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年6月5日 > 「バーバレラ」リメイク企画は生きていた!監督を変えて続行か?
メニュー

「バーバレラ」リメイク企画は生きていた!監督を変えて続行か?

2009年6月5日 12:00

[映画.com ニュース] ロバート・ロドリゲス監督が2年前から進めていた68年のカルトSF「バーバレラ」のリメイク版については、同監督自身が企画から手を引いたことを1カ月前に明らかにしたばかりだが、どうやら監督を変えて製作を続行する可能性がでてきたようだ。

米エンターテインメント・ウィークリー誌が報じたところによると、オリジナル版「バーバレラ」のプロデューサーで、同作の権利を所有するディノ・デ・ラウレンティスの製作会社が、「キューティ・ブロンド」「ラスベガスをぶっつぶせ」のオーストラリア人監督、ロバート・ルケティックを新たに起用して企画を進めているという。

オリジナル版は、ジャン=クロード・フォレストによる同名バンド・デシネ(仏コミック)を映画化したもので、フランス人監督ロジェ・バディムがのちに妻となるジェーン・フォンダを撮ったキッチュなエロティックSF。

ロドリゲス監督は「完全R指定のセクシーな『バーバレラ』」を準備していた」と語っていたが、関係者が同誌に語ったところによると、ルケティック版は「ちょっぴりセクシーな銀河系アドベンチャー」を目指しているとのこと。なお、現時点ではキャスティングを含めたその他の詳細はいっさい明らかにされていない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi