高島礼子、絶叫の練習の成果は?「Dear Heart」公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月5日 > 高島礼子、絶叫の練習の成果は?「Dear Heart」公開
メニュー

高島礼子、絶叫の練習の成果は?「Dear Heart」公開

2009年12月5日 13:43

会場で絶叫はしなかったようで…「Dear Heart 震えて眠れ」

会場で絶叫はしなかったようで…
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 高島礼子主演のサスペンスホラー「Dear Heart/震えて眠れ」が12月5日、公開初日を迎え、高島をはじめ、榎木孝明加藤和樹井坂聡監督が、メイン館となる東京・シアターN渋谷で舞台挨拶を行った。

高原の別荘を舞台に、元殺人鬼の心臓を移植され人格が変貌した夫(榎木)を救おうと奔走する妻(高島)の戦いを描く。高島は、経験が少ないサスペンス作品への出演に「台本をもらう前から、勝手に絶叫の練習をしていました。実際にそういうシーンはないので、無駄でしたけれど(笑)」と告白。撮影中は観客が感情移入しやすいように、「変な小芝居はせずに、自然な演技を目指した」と語った。

榎木は、心臓移植を機に狂気に目覚める役どころについて「まんざら嫌いじゃない。姫(高島)をイジめるのが楽しくて」とニヤリ。そんな榎木の怪演に対し、加藤は「ヘビに睨まれたようで、身動きできなかった」と苦笑いを浮かべていた。

井坂監督は血を見るのが苦手だそうで、「おこがましいが、ヒッチコック監督のような心理に迫る作品になればと。素晴らしい役者さんに恵まれ、楽しい撮影だった」と振り返った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi