ハリウッド映画史上初「アバター」キャメロン監督の舞台挨拶を3D中継 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月5日 > ハリウッド映画史上初「アバター」キャメロン監督の舞台挨拶を3D中継
メニュー

ハリウッド映画史上初「アバター」キャメロン監督の舞台挨拶を3D中継

2009年12月5日 13:43

本編も3D、監督も3D!「アバター(2009)」

本編も3D、監督も3D!
(C)2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ターミネーター」「タイタニック」のジェームズ・キャメロン監督最新作「アバター」の公開に先立ち、キャメロン監督が自作のプロモーションとしては「タイタニック」以来12年ぶりに来日する。キャメロン監督は、12月21日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズを会場にジャパンプレミアの舞台挨拶に立つが、その模様を大阪会場へ「3D生中継」することが決まった。これはハリウッド映画としては初めての試みになる。

アバター」は、キャメロン監督がこの映画のために開発した最新の3D技術を駆使して描かれるSF超大作で、3D映画が普及しつつある中、その大本命として全世界から熱い注目を集めている。今回のイベントでは、その3D映画という点に着目。TOHOシネマズ六本木ヒルズ(スクリーン7)で行われる舞台挨拶を3Dカメラで撮影し、その3D映像が大阪会場のTOHOシネマズ梅田(スクリーン2)にライブ中継される。大阪会場の観客は、3Dメガネをかけて、あたかもその場にキャメロンがいるかのような臨場感を味わうことができるはずだ。大の親日家でもあり、映画界にさまざまな技術革新をもたらしたことで“ハリウッドの頂点を極めた革命児”とも言われるキャメロン監督が、この「3D舞台挨拶」でどんなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみだ。

アバター」は12月23日全国公開。22日には“3D特別前夜祭”として先行上映も行われる。

http://eiga.com/buzz/20090812/4 eiga.com 映画ニュース J・キャメロン監督「アバター」最新3D映像が8月21日全世界同時解禁

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi